Travel to Korea
中世韓国の宮廷チマチョゴリを着て撮影。どこか日本の着物と似ているようだが、中国の趣もある・・・でも本当に可愛らしいので、着られていい経験だった。スカートがとてもひらひらと大きくてゴージャスである!もちろんメークアップも韓流に施していただいた。目元のアイラインがくっきりで何だかコリアンそのものである。今回はタイの時とは違い、メーク担当は女性の方であった。カメラマンの方の指示に従いポージングをするのはなりきれて楽しいものである。皆様も是非いかが?
DMZツアーにて。板門店に向かう途中に寄った軍事境界線にて。この向こうに国境を流れる川がありました。
ツアー途中でのランチタイムにて。プルコギを頂きました。相当冷えていたので、体の芯から温まるひと時。
板門店にて。DMZとは非武装地帯のことで、朝鮮南北戦争時に決められた休戦ラインの南北2キロ以内のエリアのことである。ここでは幾度となく、南北の対話が行われてきたという。厳粛なムードが一杯で、何ともいえない緊張に襲われた。
観光平和の家にて。
ポプラの木事件の現場にて。
帰らざる橋。
インチョンの繁華街にて。実はコートの下は三重にも着て防寒していたのに、札幌っ子の私にも堪える寒さであった。このインチョン、空港で有名であるが、実際なかなか大きな街で人も店も多くどこも賑わっていた。屋台でルーレットゲームをしたところ居合わせた3人とも見事にはずれ、残念賞に小さな水飴キャンディをもらった。また、焼き栗を買ってみたところ、一つ目が不味くて後悔したが、それ以外はみな美味しかった。それにしても、この日は、プルタッを食べて、ソジュを呑み、友達と語らい、何とも豪快に韓国を満喫できて楽しかった。そしてその後さらに、タクシーの乗車拒否の洗礼にも遭うことになるのであった。
仁寺洞にて。広場でサムノルリを偶然観覧することができた。若者が元気よく列をなし、ぐるぐると頭の飾りを回しながら民謡にあわせて踊っている。
ソウル大学付属病院。テハンノ(大学路)にある。友達がここで研究しているということで訪れた。周囲にとても賑やかな通りがあり、オシャレなカフェも多く、学生などの若者が楽しそうに集っていた。すぐ隣に昌慶宮がある。
昌慶宮の入り口にて。ここでヨンサマの有名な『スキャンダル』の撮影があった。まったくの街中にあるとは思えないほど中は閑静な空気が流れていて、物思いにふけりながら散策するのにはもってこいかもしれない。
ナミソムにて。あまりにも有名な『冬のソナタ』の撮影地となった島。ソウルから約2時間半ほど車で行ったところにある。ソウルに住む家族連れの方々にとっての遊楽地である。が、現在は観光客の方々で溢れていた。
メタセコイアの並木道にて。すっかり観光客してしまっている私。でも一人でツアー参加したものだからちょっとさみしかったりして。辺りは土産物屋や撮影スポットなどが作られてしまっていて、何だか自然を味わう雰囲気ではないのが惜しいところである。これだけ観光客が集まる場所では仕方がないのだろうか。
春川にて。ミョンドン商店街で、春川名物ダッカルビを食べてきた。何だか鶏肉がごろっと大きいのとスパイスに味わいがあって美味しかった。そしてこの有名な撮影ポイント・・・何だかミーハーみたいで恥ずかしいっ!ここでユジンは来ることのないチュンサンを待ったのであった・・・
チュンチョンにある、チュンサンの家にて。すっかり旅行者である。ちょっとばかりお邪魔いたしました・・・
チュンチョン駅にて。このツアー本当に寒さに耐えることが一番大変でした・・・駅周辺は平地で河が流れていて・・・寒々としたところだった。このチュンチョン、とてもゆっくり話す方言が有名なのである。まるでこの穏やかな風景を思い出させるように、のどかでゆっくりと。